Celebrating 10 years in Japan with the new AWS Asia Pacific (Osaka) Region

post-thumb

I am pleased to share that the AWS Asia Pacific (Osaka) Region has transitioned from a Local Region into a standard region with three Availability Zones (AZs), a broader (and growing) service portfolio, free tier option, and new pricing options. The region joins the existing 25 AZs in eight AWS Regions across Asia Pacific in Beijing, Hong Kong, Mumbai, Ningxia, Seoul, Singapore, Sydney, and Tokyo. Globally, AWS has 80 Availability Zones across 25 geographic regions, with plans to launch 15 more Availability Zones and five more AWS Regions in Australia, India, Indonesia, Spain and Switzerland.

Today's news is not only a continuation of our investment and growth in the country, it also marks a decade of AWS operating in Japan. Ten years ago in March 2011, we launched the AWS Asia Pacific (Tokyo) Region with two AZs. In 2012, we launched a third Tokyo AZ, enabling our customers to build highly available, fault-tolerant applications in Japan. In 2018, we launched the Osaka Local Region for select customers needing greater distance between AZs for specific workloads such as storage and data processing with compliance and security conformity requirements.

AWS customers using the expanded Osaka Region will gain access to an extended service portfolio, have the ability to purchase on-demand instances, and architect workloads across three AZs. At the AWS Summit Tokyo 2018, one of our customers during his keynote requested that we expand the Osaka Local Region into a standard AWS Region to provide their users and customers across the country with more services and lower latency. As you know, we listen to our customers!

The expansion of this region will also help customers meet requirements for greater separation between AZs. AZs are designed for physical resiliency to help maintain application availability in the event of power outages, internet downtime, earthquakes, floods or other natural disasters. Situated 400km from the AWS Tokyo Region, the AWS Osaka Region will help customers better isolate issues and partition applications across both AWS Regions in Japan.

AWS Global Infrastructure is built for performance, and the Osaka Region offers low latency, low packet loss, and high overall network speeds for customers planning to expand their workloads in both the AWS Asia Pacific (Tokyo) and Asia Pacific (Osaka) Regions. The average latency between the Osaka and Tokyo Regions is between 5-8ms. Customers with latency-sensitive workloads in western Japan can use the Osaka Region as their primary region.

We’re excited to help our customers in industries including public sector, gaming, life sciences, media and entertainment, and finance deliver low-latency applications for their own customers and users. Some of our customers include Bellsystem24, Gibraltar Life Insurance, KDDI, Kindai University, Mitsubishi UFJ Financial Group, Nabtesco Corporation, NTT East, NRI, OGIS-RI CO. ltd., Prudential Life Insurance, Sony Bank, Sumitomo Mitsui Trust Bank, and Tokio Marine & Nichido Fire Insurance, among others.

We’re committed to helping Japanese businesses and organizations reach their sustainability digitization goals by moving more workloads to the cloud. The Japanese government has pledged to achieve zero greenhouse gas emissions and realize a carbon-neutral society by 2050. We have a commitment through The Climate Pledge to achieve net-zero carbon by 2040 – a decade well ahead of the goals set at the 2015 Paris Agreement. I’m proud to say that we’re on track to drawing 100% of our energy needs from renewable sources by 2025.

Over the past 10 years, we have invested in infrastructure, skills and compensation, and we’re proud to have grown alongside customers in Japan who welcomed us. Now that the AWS Asia Pacific (Osaka) Region is a standard region, we are excited to see what our customers will build.

10年の記念日をAWS アジアパシフィック (大阪) リージョンと共にお祝いする

本日、既存の大阪ローカルリージョンが、より幅広い(そして継続して成長を続ける)サービスのポートフォリオ、無料利用枠、新たな料金オプション、そして3つのアベイラビリティーゾーン(AZ)を備えたAWS アジアパシフィック (大阪) リージョンに拡張して公開されました。これまで提供してきた合計25のアベイラビリティーゾーンを備える8つのアジアパシフィック地域にある北京、寧夏、ソウル、シンガポール、シドニー、そして東京に加えて、大阪リージョンをご利用いただけます。これにより、AWSは世界中で合計80のアベイラビリティーゾーンを持つ25のリージョンをお客様に提供することになります。そして、さらに合計15のアベイラビリティーゾーンで構成される5つのAWS リージョンの開設がオーストラリア、インド、インドネシア、スペイン、そしてスイスで予定されています。

この発表は、日本に対するAWSの継続的な投資、そして成長を意味するだけでなく、日本における10年間のAWSの歴史を象徴するものです。10年前の2011年3月、AWSは AWS アジアパシフィック (東京) リージョンを2つのAZと共に発表しました。2012年にはお客様がより高い可用性を必要とするアプリケーションをクラウドの上で動かすことができるように、3つ目のAZを開設しました。2018年には、データ保存やデータ処理に対する社内のコンプライアンスやセキュリティ要件に対応するなど、特定のワーククロード向けに、よりAZ間の距離が必要な限られたお客様に向けて、大阪ローカルリージョンを開設しました。

お客様は、拡張された大阪リージョンをご利用いただくことで、幅広いサービスポートフォリオ、オンデマンドインスタンスの利用、そして何よりも3つのAZを活かしたワークロードをご利用いただけます。AWS Summit Tokyo 2018に登壇されたあるお客様はその講演の中で、大阪ローカルリージョンを標準的なAWS リージョンに拡張することで、全国で多くのサービスを低いレイテンシーで利用できるのでぜひ実現してほしい、と要望されました。AWSがお客様の声に基づいて開発を行っているひとつの象徴的な事例です。

また、大阪リージョンの拡張は、国内でより離れたAZ間を利用したいお客様の要望を満たすものです。AZは電力消失やネットワーク障害、地震、洪水などの自然災害が発生した場合でもサービスの継続を支援するために、物理的に回復するよう設計されています。大阪リージョン と東京リージョンの間は直線距離で約400km離れており、日本国内にある2つのAWSリージョンを活用することで、さらに高い耐障害性、耐災害性を実現できます。

AWSのグローバルインフラストラクチャはパフォーマンスを重視して作られており、大阪リージョンは低いレイテンシー、少ないパケットロス、そして、AZ間のみならず、大阪リージョンと東京リージョンとの間でも高いネットワーク速度を提供します。平均的な大阪リージョン と東京リージョン間のレイテンシーは5〜8ミリ秒です。また、レイテンシーを重要視するワークロードをお持ちの西日本のお客様は、大阪リージョンを主なリージョンとしてご利用いただけます。

日本でのAWS のインフラストラクチャの拡充により、公共部門やゲーム、ライフサイエンス、メディアやエンターテイメント、そして金融など各業界のお客様が低いレイテンシーのアプリケーションを提供するサポートができることをとても嬉しく思います。ベルシステム 24やジブラルタ生命、KDDI、近畿大学や三菱UFJフィナンシャル・グループ、ナブテスコ、NTT東日本、野村総合研究所、オージス総研、プルデンシャル生命保険、ソニー銀行、三井住友信託銀行、東京海上日動火災保険などのお客様が、AWSをご利用いただいています。

AWSは日本の企業や組織がクラウドにより多くのワークロード移行することで、持続可能なデジタル化の目標を達成できるよう支援していきます。日本政府は温室効果ガス排出ゼロを目指し、2050年までにカーボンニュートラルな社会を実現することを公約しています。AWSではClimate Pledgeプロジェクトを通じて、2015年のパリ協定の目標を10年先取りして、2040年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする目標を掲げています。この目標に向けて、2025年までに100%の電力を再生可能エネルギーから調達するプロジェクトが予定通り進捗していることもお伝えします。

過去10年以上にわたり、AWSでは日本のお客様と共に歩みながらインフラストラクチャや人材育成、持続可能性などへの投資を続けてきました。新しいAWS アジアパシフィック (大阪) リージョンの上でお客様がどのような価値を創造されるのか、心から楽しみにしています。

comments powered by Disqus